これで安心!?ローソファを選ぶ時のポイント5選

レイアウトのしやすさで選ぶ

ローソファの特徴の一つにレイアウトのしやすさがあります。ソファは連結や切り離しが容易にできるため、ライフスタイルや好みに応じて様々な変化を楽しめます。家族の成長に合わせて組み合わせることも可能なので、生活の変化に合わせてソファを変化できるため使いやすい家具です。ローソファを選ぶ際は選択肢が広くなるよう、レイアウトしやすいタイプを選ぶと良いでしょう。

使われている素材から選ぶ

ソファには色々な素材が使われていますが、長時間使用する家具だからこそ、手触りが良いなど素材にこだわって選ぶと良いです。またメンテナンスのことを考えて、耐久性の高いものを選ぶことも大切です。実用性のある素材を選ぶことで管理がしやすくなります。

周囲のインテリアと色から選ぶ

背の低いローソファは圧迫感は無いものの、違和感のない仕上がりにするなら、周囲のインテリアと合わせて設置する必要があります。色も重要な要素の一つで、ローソファをアクセントにするのか、周囲に溶け込むように置くのか、目的によって選択する色が変わります。誰の眼にも留まるようにしたいなら明るい色を選ぶと良いでしょう。

座面の硬さやクッション性から選ぶ

座るという目的を持つソファですが、人によって求める座面の硬さは異なります。硬いのを好む方もあれば、クッション性があって柔らかいのを好む方もいます。この点については好みで判断すると良いでしょう。使う部屋や使う人数をもとに考えます。

ソファの種類から選ぶ

ローソファにはコーナー型とハイバック型、こたつ対応型があります。コーナー型は角地に置くと良く、ハイバック型は頭や首を固定するため安定して使えます。こたつ対応型は寝そべりながら使用する時に便利です。

単身世帯はワンルームなど小規模な作りの物件が多数を占めます。そのため、ソファ ダイニングを購入する際は室内への搬入が容易で置き場所も広く取らないコンパクトな作りの製品を選ぶのが快適に使う工夫です。