結婚式の見積もり要チェック!削れるところ、削れないところ!

式場見学で貰った見積もりをチェック

結婚式場の見学に行ったら、大まかな列席者人数を伝えて見積もりをだしてもらいましょう。でも、その見積もり総計だけで比較しないでください。食事、引き出物、ドレスが、同じランクのもので見積もられているとは限りません。挙式代などは、変動しませんので、変動しないもので比較すると比較しやすいです。挙式プランにドレス料金が含まれていることが多いですが、選んだドレスによっては追加料金が発生するのか確認しましょう。
料金の変動するものすべてに思いのままにランクアップするときりがありません。賢く可能なものは削って、必要なところにお金を掛けたいものですよね。見積もりから削れるところ、削れないところを確認しましょう。

見積もりから削れる部分、削れない部分

予算を削れないところは、何と言っても食事と引き出物です。ゲストのことを考えると、追加はできても、減らすことは難しいです。ドレスやタキシードも、見積もりの料金より多くなることが多々あります。
では、予算を削れるものを考えてみましょう。持ち込み料がかかるのは、大抵ドレスのみというのがポイントです。ベール、グローブ、宝飾品は持ち込み料が掛らないことが多いです。サムシングフォーにあやかって、知人・親戚から借りるのもおすすめです。市販品でレンタルするより安いものが見つかることもあります。特にグローブはあまり目がいかない部分なので、安価なものでもよいかもしれません。ブライダルインナーもレンタルより、市販されているものの方が安い場合があります。装飾の花なども削れる可能性があります。テーブルの花を持ち帰り可能なバスケットから花瓶に、ケーキ等の装飾花をなしにすることもできるか式場と相談してみましょう。

福岡の結婚式場についてどのようなイメージを持たれるでしょうか。様々な式場があるのですが、そのどれもが美しい建物や環境に囲まれているため、結婚式を挙げるのにこれ以上ないほど適しています。