自分に合っているのはどのタイプ?結婚相談所の選び方

仲人型とデータマッチング型

結婚相談所は仲人型とデータマッチング型の大きく2つの種類に分けられ、受けられるサービスも異なります。仲人型は結婚相談所のスタッフが専属アドバイザーとして婚活のアドバイスをしてくれ、手取り足取り結婚相手を見つけるサポートをしてくれます。条件に合う相手を紹介してくれたり、お見合いをセッティングしてくれたりと、出会いのチャンスを作ってくれるのです。データマッチング型は結婚相談所に登録している会員のデータを検索し、自分で相手を探すシステムです。メールでメッセージのやり取りをして出会う段取りを整えるので、ある程度積極的に行動できる人に向いている方法といえます。

メリットとデメリット

仲人型のメリットは、きめ細やかなサポートが受けられ短い期間でゴールインできる可能性が高いことです。しかし、イベントに参加したり、お見合いをしたり、何か行動を起こすたびに料金が発生するため、費用が高いのがデメリットです。入会金に10万円ほどかかり、月額費も1万円から2万円かかり、結婚が決まると成婚料を支払わねばなりません。データマッチング型のメリットは、料金がリーズナブルで気軽に利用できることです。入会金が無しのところも多く、月額費も2000円から5000円程が一般的です。デメリットは、異性慣れしている人でないとなかなか出会いにこぎつけられないため、仲人型よりも成婚率が低くなります。自分に合っているのはどちらのタイプなのかしっかり吟味して選ぶようにしましょう。

結婚相談所を東京で登録しておけば、東京本社の企業が多いという事もあり、男性の多い関東において女性にとって選択肢が増えます。