結婚式に着ていくべき服、着るべきでない服ってあるの?女性の服装マナー

結婚式の時間帯を考えて服装を決める

男性に比べて着るものの選択肢が多い女性は、結婚式に出席する際も選べる服装は多いかもしれません。しかし、結婚式の時間帯によって着るべきものが違うことは知っているでしょうか。午前中からお昼に催される場合はアフタヌーンドレスを着て、夕方から夜に催される場合はイブニングドレスを着るのが正礼装です。格式高い式場で催される場合は、正礼装を着用すると安心です。もう少しカジュアルな会場の場合は、準礼装でもいいでしょう。日中はセミアフタヌーンドレス、夜はカクテルドレスを選びます。1.5次会や2次会の場合は、いわゆる平服の略礼装でも問題ありません。きれいめのワンピースなどのインフォーマルウェアが該当します。

小物にも気をつけて!

日中の結婚式でドレスやワンピースなどを着るときは、できるだけ肌の露出を少なくするのが望ましいです。ショールなどを羽織るなどして肌面積を減らしましょう。ドレスやワンピースの販売コーナーにファーのショールやボレロが販売されていることがあるかもしれませんが、殺生をイメージさせるため、マナー違反となります。革靴も本来はNGですが、現代はそこまで厳しくない傾向にあります。できればつま先やかかとが出ないプレーンなパンプスを選んでください。服の色については、花嫁の色である白はNG、黒はショールなどで差し色を加えればOKです。それでもお祝いの席なので、華やかな色合いの服装で参加するのが望ましいです。アクセサリーは、昼の場合パール、夜はダイヤなどの光るものがいいでしょう。

福岡の結婚式場は、博多区や中央区などに披露宴会場を設けている業者が多く存在します。福岡市内や玄界灘を見渡せるロケーションなので、素敵な式を開く事が出来るでしょう。